【ガルパ攻略】音ゲー上達のコツ・ライブ設定


ガルパ 上達のコツ.JPG

バンドリ!ガールズバンドパーティ!上達のコツ

目次
0.はじめに
1.オプション(ライブ設定、音量設定)
2.判定の範囲
3.サドプラ
4.開発者向けオプション


0.はじめに

まず、筆者の音ゲーレベルを書いておくので、
これより上手い方は読まなくて大丈夫です。

HARD:43曲全てフルコン

EXPARTフルコン:ときエク、キラキラ、イエバン、ティアドロ、ぽぴしゃ、スタビ、夏空、はしキミ、
キミにもらったもの、Don't be afraid、HHP、That Is、True color、しゅわりん、パスレボ、
ブラシャ、えがオケ、光るなら、リトバス、正解はひとつ!じゃない!!、Butter-Fly、
secret base、ドリパレ、そばかす、ルフラン、Hacking、エタブレ、いーある、シルエット
計29曲

端末は、Androidで、
公式サイトの推奨機種の覧に名前が乗ってないもの(つまり、推奨されていない機種)を使用
たまに、ノーツが瞬間移動します

精度は、EXだと多くてGREAT30〜39、簡単な曲(レベル23以下の曲)なら1桁
HARDは、GREAT1桁〜19安定で、LOUDERとかだと20〜30
スカスカ(Scarlet Sky)のGREAT3が最高
AP(GREAT0)は取った事無いです(目指したこともないですが)

音ゲー経験は、ガルパ配信前に、スクフェス(ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル)を半年ほど割とガチでやっていて、
ガルパ配信後は、ガルパ一筋で今に至ります。

プレイスタイルは、人差し指



以上を踏まえたうえで、
ガルパのコツを読み進めて下さい

Android、iosどちらにも対応していますが、
Androidだとより役立つかなと思います。


まとめたのは以下の4項目


1.オプション(ライブ設定、音量設定)

2.判定の範囲

3.サドプラ

4.開発者向けオプション


それでは、1から順に



1.オプション(ライブ設定、音量設定)

ガルパ上達にあたって一番大事なのがこのオプション設定です。

特に、リズムアイコンの速さの設定が重要

デフォルトの5でやっている方は、通常よりも難しい縛りプレイをしているようなものです。


おすすめの速さは個人差もあるので一概には言えませんが、遅くても7.5あたりが良いと思います。

ちなみに、筆者は、
サドプラなしの時は10.0
サドプラありの時は9.0でやっています。
(サドプラについては後述)

参考までにスクショを貼っておきます

ガルパ 上達のコツ.JPG

ガルパ 上達のコツ.JPG

リズムアイコンの速さ:9.0
こちらは、上述の通り

リズムアイコンの大きさ:50%
リズムアイコン(ノーツ)を見やすくするために最小にしています。

これは、スマホかタブレットかでも変わってくると思いますが、
スマホの場合は小さいほうが良いと思います。

タブレットは使ったことないのでわかりませんが、
大きくしている方が多いようです。

判定調節:0
これはよく分からないのでいじってません

目押ししてるせいなのか調節してもやりやすさに変化を感じません

いろいろ試しましたが、やはりよく分からないので0のままです

軽量モード:ON
OFFでも機種次第では問題ありません

同時押しライン:ON
これはON推奨

カットイン:OFF
これは気分によって切り替えてます

リズムアイコンの色覚サポート:OFF
ONにするとリズムが速いアイコンの色が灰色になりますが、
なくても問題ないのでOFF

スキルウィンドウ:OFF
協力プレイ時、スマホだと画面がかなり隠れてしまうのでOFF


ライブ中のSEを切っているのは、
Androidの場合、タップとタップ音の間に遅延があるためです。


色々と書きましたが、やはり一番大事なのはリズムアイコンの速さです。
自分に合う速さを見つけてみてください。



2.判定の範囲

ノーツをタップした時にどの範囲まで判定されるかについて、2点

まず、ガルパでは、7レーンありますが、

ガルパの場合、横への判定が大きく
1つのレーンをタップすると、3レーン分判定がされます。

つまり、1つのレーンをタップすると、その左右のレーンまで判定がされるということです。



ガルパ 上達のコツ.jpg
赤で囲った部分をタップすると、

ガルパ 上達のコツ.jpg
その左右のレーンも判定される
(タップエフェクトが出るのはタップした場所のみ)


それともうひとつ、フリック判定について

こちら、ゲーム内では上フリックとの指定がありますが、
実際には上下左右360°全方向へ判定が及びます。

下フリックでも横フリックでも右斜め上フリックでも、
どの方向へのフリックでも判定されます。


判定に関しては上記の2点を知っているだけでもかなり楽になります。



3.サドプラ

サドプラとは、画面の一部を紙などを使って覆い、
擬似的にスピードを上げることを言います。

なぜそのようなことをするのか、

これに関しては、
こちらのヤフ知恵の解答がわかりやすいです

beatmaniaをしてる人に質問です。よく譜面にカバー(SUDDEN?)をかける人がいますが... https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1242244292

SUDDEN+を使う意味・・・

・HI-SPEEDと組み合わせて譜面を見やすくする

・途中でテンポが変化する曲に対応出来るように使う

・HI-SPEEDのみに比べて目線が下がり、判定ライン近くを見るので
スコアが出やすくなる(人もいる)


HI-SPEEDとは、ガルパでいう、リズムアイコンの速さのことです。

上記の理由からサドプラを使用してのプレイはおすすめです。

筆者は、サドプラを使っていない頃は、
EXフルコンこそなんとかできるものの、精度がGREAT70等と安定せず、
困っていた時にこの方法を見つけました。

これをやってからは、フルコン安定、精度安定と、
Androidのスマホでも割と快適にプレイできるようになりました。


ちなみに、画面はスコアゲージの位置辺りまで隠しています。

画面を隠すのに使ってるのは、
ドリーマーズブレード(バンドリ!のキンブレ、サイリウム)を買った時に付いてきた、
注意書き等が書かれている厚紙です。
表面は、赤ベースに星が散りばめられていて、中央にはBanG Dream!と書かれており、
結構気に入っています。


サドプラをする際は、速度を落としてください。
筆者は、10.0でやっていたのを、9.0まで落としました。



4.開発者向けオプション

ここからは完全にAndroidへ向けた内容となります。

Androidには、知る人ぞ知る隠し機能「開発者向けオプション」というものがあります。

その設定をいじることで、機種によってはより快適にガルパがプレイできるようになります。


開発者向けオプションの出し方

設定→端末情報→ビルド番号連打

これだけです。


そしたら、以下のように設定を変えてください。

ガルパ 上達のコツ.JPG

ウィンドウアニメスケール:0.5
トラジションアニメスケール:0.5
Animator再生時間スケール:0.5

ガルパ 上達のコツ.JPG

GPUレンダリングを使用:ON
HWオーバーレイを無効:ON

ガルパ 上達のコツ.JPG

バックグラウンドプロセスの上限:使用しない〜2

以上です。

この開発者向けオプションに関しては、まだ試す余地があるので、
いろいろといじりながら良い設定を見つけてみてください。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: